渡航に必要なもの

必須準備品

※これは必ず準備してください。

  • パスポート(6ヶ月以上有効期限のあるもの)
  • 手続きに必要な書類一式
  • 渡航日数分の着替え(洋服・下着)
    季節の影響を考えて、必ず少し余分に持って行きましょう。熱いのは脱げばそれでOKですが、寒いのに着るものがないのは致命的です。
  • ティッシュペーパー
    ホテルや空港などを除き、中国の一般的なトイレには紙がないのが常識です。現地でも購入できますが、念のためポケットティッシュは用意しておきましょう。
  • お見合い用・結婚式の洋服一式
    スーツ一式、もしくはジャケット
  • 旅行カバン
    中国では空港での荷物の扱いもかなり雑です。強度の強いものを要すると良いでしょう。

一般準備品

※渡航する上で一般的に必要と思われるものです。

  • 常備薬
    一般的な常備薬(胃薬・下痢止め・風邪薬・頭痛薬・酔い止めなど)は一通り準備しましょう。ただ、水などが合わない下痢の場合は一般的な下痢止めも効かない場合もあるので、過度の使用は避けましょう。
  • 各種クレジットカード
    中国では、大きな高級店を除きクレジットカードに対応しているお店が少ないので出番は少ないです。しかし空港の免税店やホテルの支払いなどには使えますので、いざという時のために1枚あると便利です。出来れば海外旅行保険が付帯したものがあると尚OKです。
  • カメラ、デジカメ、ビデオカメラなど
    中国の観光地では、自分で歩く場所も多いため、一般的にはコンパクトタイプがお勧めです。フィルムやメモリーカード、各種充電器なども忘れずに。
  • 各種貴重書類のコピー
    パスポート、航空券、保険証券などのコピーを各1部持って行くようにしましょう。万一本物を紛失したときに再申請がスムーズにいく場合があります。
  • クレジットカード、携帯電話などの緊急連絡先
    クレジットカードや携帯電話が盗難にあった場合、すぐに停止処理などの連絡ができるように、事前にカード番号、サービスセンターの連絡先などを控えておくようにしましょう。
  • 顔写真控え
    万一パスポートなどが盗難にあった場合、再申請する際に必要。現地で写真を撮ってもいいですが、面倒なのであらかじめ日本で撮っておいた証明写真を数部一緒に準備しておきましょう。
  • 携帯電話
    最近の携帯電話は海外で使えるようになっています。(空港でレンタルも可能です)

  • 履いて行くのもは、運動靴かスニーカーが一番いいです。お見合い、結婚式用に革靴は別で持っていくことをお勧めします。
  • 変圧器
    電動カミソリ、パソコン、各種充電器など100V専用ですと中国では使えません。変換プラグと変圧器は必ず用意しましょう。最近のものは海外対応(100-240V対応)のものがほとんどです。
  • メモとペン
    さまざまなコミュニケーションなどで必要です。1セットは持って行きましょう。
  • カバン
    移動用に両手が空くようなリュックサックまたは、ショルダーカバンが最適です。(カメラや飲料水、タオルなどが入る小さめの物で十分です。)

推奨準備品

※なくても差し支えは特にありませんが、用意していくと便利グッズです。

  • 電子辞書、電卓
    漢字が使える中国ですが、やはり意味を調べるにはあったほうがいいです。最近は喋ったり、翻訳が出来るタイプもあります。電卓は言葉が通じない値段交渉の際に非常に便利です。
  • 洗面用具
    石鹸、歯ブラシ、タオルなどは一般的に泊まるホテルには大抵置いてあるのでまず必要ありませんが、心配な方は携帯用を準備しましょう。また汗をかいたりするのにタオルは1つ持っていくと便利です。鬚剃りやシャンプー、リンスなども普通はホテルに置いてありますが、自分のを使いたい場合は小型の容器などに入れて日本から持って行きましょう。
  • 使い捨てカイロ
    中国も広いので、寒い地方へ行く場合はいくつかあると便利です。
  • 予備の電池、フィルム、メモリーカードなど
    現地での購入は高くて質が悪いものも多くあります。事前に準備しましょう。
  • お土産用の袋
    中国で買ったお土産を入れるための袋、現地のは強度が弱く途中で破れてしまう可能性もあります。2つほど大き目の丈夫なビニール袋を用意しておくと便利です
  • 中国語会話本
    いきなり話すのは無理にしても、その部分を相手に見せるだけでも意味は十分通じます。日常会話編よりも、旅行などで使う実用会話(とっさのひとこと)系のほうがいいです。
  • 腕時計、目ざまし時計
    時差は日本より1時間遅れです。時差ボケはほとんどありませんが、お互いの時間を把握しましょう。

 

国際MATCHへのお問い合わせはこちら

CONTACT